トップページ >  知っ得!酵素の健康・美容パワー >  腸内細菌が酵素力を左右する

腸内細菌が酵素力を決める!

腸内細菌が酵素力を決める!

私たちの腸の中には、腸内細菌といわれる微生物が住んでいます。その数およそ1000兆個以上!この細菌の集団を「腸内細菌叢(腸内フローラ)」といいます。


重さにすると個人差はありますが1~2kgになるといいますから、結構な量だということがわかりますよね。


腸の仕事は、栄養分の分解や吸収、老廃物の排出といったことがメインですが、この腸内細菌叢のバランスが整えるようにしてあげると、そうした消化・吸収・排泄といった働きがよりスムースになるように助けることができます。


ただ、最近は、腸内細菌のバランスを整えることは、たんなる消化の補助にとどまらず、アレルギーの予防や改善、ダイエット、免疫力強化、ストレス緩和、生活習慣病予防にもつながるといわれており、大変な注目を集めています。


※健康番組なんかをみても、腸内細菌のバランスを整えて、「ダイエット・痩せる」「アンチエイジング」「美肌」みたいな内容のものが多いと思います。

この腸内細菌は、酵素とも深いかかわりがあります。


酵素は腸内で一番多く作られていますし、消化酵素では分解できない食材を腸内細菌が作る多種多様な酵素(=腸内酵素)が分解してくれていたりするんですね。食物繊維から短鎖脂肪酸をつくったり、海藻からエネルギーを生み出すことができるのも腸内細菌がつくる酵素のおかげなんです。


つまり、腸内細菌を元気にすることは、体の酵素力アップにつながるんです。

腸内細菌は「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」のバランスが理想!

腸内細菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つに分類されています。


要チェック 善玉菌


人に有益な働きをするもの。「乳酸菌」「ビフィズス菌」が有名。


要チェック 悪玉菌


人に悪さをするもの。「ウェルシュ菌」「ブドウ球菌」「大腸菌(有毒株)」など。


要チェック 日和見菌


どちらにも属さないもの。「バクテロイデス」や「大腸菌(無毒株)」「連鎖球菌」など。


この3つの腸内細菌のバランスを「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」の比率になるように整えるのが理想とされていますが、長年、腸にいい暮らしをすると、この割合が「善玉菌5:悪玉菌1:日和見菌4」になったりするようです。


※ 善玉菌が悪玉菌の2倍以上あるようと腸内環境は概ね良好なようです。 なお、悪玉菌は悪玉菌でサルモネラ菌・コレラ菌などが侵入してきたときに活躍してくれるので、完全に駆逐してしまうということはできません。


善玉菌が多く活発的に働いている腸は、良い働きをする酵素をたくさん産生します。腸内酵素が増えれば増えるほど、健康や美容にとって多くの恩恵を受けることができるので、善玉菌の割合を増やしていくということはすごく大事なことなんです。


具体的に善玉菌が多い腸内環境に整えると、どんな恩恵が受けられるのかというと、

有益な栄養素の合成が促進される


腸内細菌が作る酵素によって、短鎖脂肪酸、ビタミンKやビタミンB群、葉酸、乳酸菌など健康や美容に役立つ成分が作られています。

ダイエットになる


太っている人にはファーミキューテスという特徴的な腸内細菌の比率が高いことがワシントン大学の研究からわかっています。腸内環境を整えることで、ファーミキューテスが減り、 バクテロイデス(腸内細菌)が増えると太りやすい体質を改善できるわけです。

整腸作用


善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌の酵素が作る酸が腸壁を刺激することで蠕動運動が促進されるため、腸内の毒素・老廃物・ガスが排出されて、便秘や下痢、お腹の張りの予防や改善が期待できます。

アレルギー予防


善玉菌が増えることで免疫バランスが整うと、免疫細胞の過剰な反応を抑えるといったことも期待できるようになります。腸内細菌の一種は、過剰な免疫細胞を抑え、免疫機能のバランスを調整するといった機能をもちあわせています。

免疫強化作用


腸には免疫機能の9割が集中しています。乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌は免疫細胞を刺激し、活性化したり、免疫を促進する働きをする成分を作り出したりしています。


他にも女性にうれしいメリットとしては腸内細菌のバランスが整うことでニキビや肌荒れの原因になっていた毒素が分解・排出されるため、肌がきれいになるということがあります。


このように、善玉菌が多い腸内環境では、善玉菌が作り出す酵素によって、実に多くの有益な働きが期待できるわけです。健康とキレイにを維持するためには、腸内環境を整えて善玉菌を増やして酵素を活発に働かせることが大事といわれるのも納得ですよね。

善玉菌の酵素を生み出す腸内細菌作りのポイント

腸内細菌作りのポイント

腸内細菌は私たちが普段食べている食事を「エサ」にしています。善玉菌と悪玉菌にはそれぞれ好きなエサが存在します。


つまり、善玉菌が多い腸内環境をつくりたかったら善玉菌が喜ぶエサを私たちは食事から摂取しないといけません。


私たちと腸内細菌は持ちつ持たれつの共生関係ですから、私たちが口にするものがそのまま腸内細菌にとっても栄養になるということを意識をもって腸内細菌作りに取り組んでほしいんですね。


何を食べるかで腸内細菌のバランスが左右されるわけですが、ココで知っておきたいことが「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」です。

プロバイオティクス


プロバイオティクスというのは簡単に説明すると、腸の善玉菌をサポートしてくれる有用菌を摂取しましょうということです。乳酸菌が定番ですが、納豆菌や酵母菌も腸内の善玉菌に加勢してくれる有用菌ですから、善玉菌の活性化につなげることができます。

プレバイオティクス


プレバイオティクスは簡単にいうと、腸の善玉菌のエサになるものを積極的に摂取して、腸内の善玉菌を増やしましょうということです。具体的には食物繊維、オリゴ糖を摂取することで、自前の善玉菌を増やして強化します。


プロバイオティクスは、食事から有用菌を取り込んで腸の善玉菌の応援を頼むことで、プレバイオティクスは自前の善玉菌を強化するものというと違いがわかりやすいかもしれません。


プロバイオティクスはあくまで外から助っ人を呼ぶことなので、なかにはお腹の善玉菌と相性が悪いものがあったり、異物ということで定着せずに2~3日すると排出されてしまうなど、その効果は日数や範囲が限られています。


その点、プレバイオティクスは、自分のお腹に住んでいる自前の善玉菌を増やすことなので、食物繊維やオリゴ糖との相性などは気にしなくていいですし、効果が限定されるということはないし、持続性もあります。


「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」どちらも腸内環境を良くしてくれるものなので、どちらも実践してほしいのですが、どちらかを選べといわれれば、「プレバイオティクス」のほうが腸内細菌作りには効果的だと思います。


プロバイオティクスやプレバイオティクスといった普段聞き慣れない難しい言葉が出てきて混乱したかもしれませんが、ようするに

良い酵素をつくる腸内細菌作りの3つのポイント


要チェック 食物繊維を摂取する
要チェック 発酵食品を食べる
要チェック オリゴ糖を摂取する


ということを普段の食生活で意識してもらえればそれでOKです。


なんだか色々食べないといけなさそうだし、大変そうだと思ったかもしれませんが、うれしいことに日本には善玉菌が多い腸内環境を作る為の条件を全て満たした理想的な食品があるんです。


それが日本伝統の発酵の技術を利用して作られる植物性の発酵食品なんです。


知っ得!酵素の健康・美容パワーのコンテンツ一覧