トップページ >  知っ得!酵素の健康・美容パワー >  補酵素としてのビタミン・ミネラルの働き

補酵素で酵素の働きをサポートする!

酵素を補酵素でサポート!

※画像:スキンケア大学

酵素がなければ人間のあらゆる生命活動に支障がでるというのはここまで繰り返しお伝えしてきたことですが、酵素自身もまた補酵素(補助因子)といわれる物質のサポートがないとうまく働くことができないという性質があります。


※酵素はタンパク質の一種。このタンパク質にくっつくことで、反応を活性化させる成分が必要なため


そして補酵素として知られているのが、「ビタミン」「ミネラル」です。


ひとくちに「ビタミン」「ミネラル」といってもその種類はたくさんありますし、どのビタミンがどの酵素の働きを助けるかということもさまざまです。ここでは補酵素として働く代表的な知られる「ビタミン」それから「ミネラル」について紹介しておきます。

補酵素として働く「ビタミン」について

種類 補酵素としての働き
ビタミンB1(チアミン) 糖質からエネルギーを作り出すために働く酵素を助ける
ビタミンB2(リボフラビン) 脂肪からエネルギーを作るグルタチオン還元酵素を助ける
ビタミンB3(ナイアシン) 糖質、脂質、タンパク質からエネルギーを作る酵素を助ける。
ビタミンB5(パントテン酸) 糖や脂肪酸の代謝に関わるコエンザイムAの働きを助ける
ビタミンB6(パントテン酸) 神経伝達物質の合成、筋肉や血液が作られる時に働く酵素を助ける
ビタミンB7(ビオチン) 糖質、脂質、アミノ酸の代謝やエネルギー産生に関わる酵素の働きを助ける
ビタミンB9(葉酸) 20種類ちかくの酵素を補酵素としてサポート。アミノ酸や核酸の合成に関与する
ビタミンB12(コバラミン) 赤血球の産生に働く酵素を助ける
ビタミンB12(コバラミン) 赤血球の産生に働く酵素を助ける
ビタミンC コラーゲンを合成する酵素を助ける
コエンザイムQ エネルギーの元になるATPの産生に関与する

ビタミン自体はエネルギーになったり、皮膚や骨の材料になるといった成分ではありませんが、酵素をきちんと働かせるという非常に重要な役割を担っています。 特にビタミンB群は、表をみてもらえばわかるように代謝に関与する補酵素として機能している身体にとっては不可欠なもの。


現代の日本人の食生活では意識しないと不足してしまうビタミンなので、ビタミンB不足には注意したいものです。

補酵素として働く「ミネラル」について

ビタミンと並び酵素をサポートしてくれる欠かせない成分が「ミネラル」です。


ビタミンと一緒に酵素をサポートしてくれることから補酵素と呼ばれることが多いミネラルですが、あくまでそれは便宜上の話であり、正しくはミネラルは補酵素ではなく「金属イオン(=補因子)」になります。


骨や歯などが代表的なものですが、ミネラルは、ビタミンとは違ってそれ自体が身体を構成する成分になるものですし、体内で合成できません。そのため、ミネラルを含む植物や動物を摂取して、ミネラルを取りいれるということをしなければいけません。


ということで、酵素の働きをサポートしてくれるミネラルを一部紹介しておきます。

種類 補酵素としての働き
亜鉛 タンパク質やホルモンの合成、抗酸化酵素をつくる成分になる。
骨や赤血球の形成に関与。抗酸化酵素をつくる成分になる。
ヘモグロビンの成分。ヘモグロビンは酵素と結合し全身に酵素を届ける。
マグネシウム 300種以上の酵素反応のサポート、骨の健康維持、エネルギー代謝に関与。
マンガン 糖質や脂質の代謝に働く酵素や抗酸化酵素を助ける
セレン グルタチオンペルオキシダーゼという抗酸化酵素の働きを助ける

酵素がその機能を発揮し、元気に働くためには「補酵素(補因子)」が必要不可欠ですし、補酵素であるビタミンやミネラルは、食事から摂取することが必要です。


その際に注意してほしいのが、量ではなくバランスを重視してほしいということです。その理由は気づいている人もいると思いますが、特定のビタミンやミネラルを大量に摂取したところで、それを補酵素として働く特定の酵素しか活性できないからです。


バランスよくビタミンやミネラルを摂取するのにおすすめの食材はないのか?というとあります。それが「発酵食品」。さらにその発酵食品を凝縮させたエキスを含有しているのが酵素サプリなので、酵素サプリを食生活のなかにうまく取り入れると、苦労することなく、体の酵素の活性化につなげることができるんですね。

知っ得!酵素の健康・美容パワーのコンテンツ一覧